「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月号 

 見た目はグロテスクだが、長さ、重さを競い合う釣り大会では図体・重量ともに物をいうことからカジカは引っ張りだこの人気者だ。しかもエサを選ばず貪欲だから意外と釣りやすい。初心者はドンコ(エゾイソアイナメ)同様カジカの風貌を見ると一瞬たじろぐが、よく見れば不敵な面構えの中にもユーモアがあり、ましてや食べてうまいとなればウの目タカの目で狙うのも無理はない。普段われわれが磯で手にするカジカはマカジカ(トゲカジカ)、トウベツ(ケムシカジカ)、ギス(ツマグロカジカ)くらいのもの。
 話は変わるが、噴火湾・小幌海岸は昔からカジカ場として名が知れる。大岸駅に車を置き、一番列車で前浜に降り磯竿片手にあちこち下見した。立岩横の平盤に飛び移るとき、ひょいと足元を見ると底の見える溝に小魚の群れが見え隠れする。仕掛けを垂らすとすかさず15センチばかりのガヤが食いついてきた。
 ガヤなら晩!てなことで下見を終えて戻ってくると、真っすぐ垂れていた糸が横に走って弛んでいる。リールを巻くと潮の流れに寄せられたのかがっちり根掛かりだ。と思って2度3度と竿をしゃくると運よくずるずると抜けてきた。しかしちぎれ藻にでも絡んでいるのか、とにかく重~いのだ。だが何とか糸をたぐって引き上げると、掛かっていたのは予想もしない大型カジカ。しかも上げた途端に良型ガヤを口からパッと吐き出した。エサは岩に付着するイガイの身を使用。