「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月号 

 9月後半になってもまだ残暑が続く。「こりゃたまらん」と、涼風を求めて釣友Hさんと雄冬方面に釣行した。釣り場は千代志別~ガマタ~タンパケの各トンネルを抜け、通称「七つ岩」と呼ばれる大岩場前の岩礁帯だ。狙いはガヤ(エゾメバル)を中心とした夜のウキ釣りである。沖と違って型はいまイチだが、時にはガヤに混じってクロソイ・ハチガラなども釣れるので結構面白い釣りが楽しめる。
 この日の天気は強風波浪、波は2㍍のち3メートルというありがたくない予報。Hさんもしきりに「大丈夫だべかぁ?」と心配する。浜益を過ぎて海を見た。山陰のせいか風も幾分和らいで、波打ち際に多少白波がある程度。「Hさん大丈夫、いいガヤ日和だぁ!」。現地には夕刻到着。早速テトラを伝って岩礁帯に降り、磯竿にウキ仕掛けをセットして万全の態勢を整える。エサはサンマの短冊。食いが立つと潮だまりの黒ツブや釣ったガヤの友餌でも入れ食いになる。
 まず目の前の大岩めがけて飛ばした1投に、いきなり25センチ前後の良型ガヤが来た。この程度になると引き寄せる手にも思わず力が入る。続いて2投目。漂っていたウキの明かりが突然消えて水中に散る。やはり同型程度のガヤだった。
 この夜の釣果は、クロソイを含め夜明けまでに大小合わせて約50匹のガヤ。初めてウキ釣りをしたHさんも、約30匹近くのガヤ・ハチガラを釣り上げて歓喜した。寝苦しい1晩を、夜風に吹かれながらのガヤ釣りもまた面白い。