「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年3月号 

 渡島管内大舟漁港は長万部町から距離にして凡そ120キロ、大舟漁港〈美呂泊地区〉の次に位置する港だ。冬場は日が落ちる頃から20~30センチの中型コマイが釣れ始め、日没後には入れ食いになる日も多い。昨年12月には1本の竿でも忙しいくらいだった。40センチ級のオオマイ釣りからみればチと物足りないが、浅い港のチョイ投げだけに引きは十分楽しめる。釣り場は東防波堤(外)先端寄りから西防波堤(内)先端へ向けての投げ。
エサは小さめに切ったサンマやイカの身エサを使用する。
 食いが落ちればイソメなどの虫餌に付け替えると再び食いが立つ。なお、この防波堤は『く』の字に曲がった先端近くまで車で入れるが、午前0時頃には出漁のため漁師の人たちが車を入れるので、あらかじめ胸壁側に自分の車を寄せておいた方がよい。また、この防波堤は夜が明けるとチカ釣り場に変わる。5つ先の尾札部漁港のような訳には行かないが、それでも20センチ前後の良型混じりで次から次と白銀の巨体をくねらせる。
 冬場はさすがに夜釣り組も少なくなるが、この防波堤の先は良型ソイのポイント。外海側は基部から先端にかけ消波ブロックで擁護されているが、意外と乗りやすく囮曳(おとりひ)きか丹念にウキで探ると思わぬときに30センチ級が飛びついてくる。だが冬場のテトラ乗りは危険が付き物、無理をせず、階段下からテトラ際を狙った方が無難だ。ちなみにこの港が第1種漁港に指定されたのは昭和27年10月6日だ。