「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月号 

 味が淡泊なため、鍋にしたり、一夜干しで焼いたり、硬いものは叩いてマヨネーズ・しょうゆ・一味とうがらしをつけて食べたりと、酒徒(飲助)たちから大いにもてはやされる魚「コマイ」。この魚、漢字で氷下魚と書くが、コマイの別名カンカイは寒海であり、いずれも文字を見ただけでも厳寒の北海道の魚であることが印象づけられる。また、しばれる晩は釣り上げたものをその場で笹掻(ささがき)にしてワサビしょうゆでチョイとやる―これが釣り人の特権だからコマイ釣りはなかなかやめられない。
 留萌管内羽幌港は、春のカレイ釣りから始まって夏は夜釣りでソイやイカ、秋から冬はコマイ、チカなどと、年中多魚種が釣れることから多くの釣り人が訪れる。北海道一周の際は、近くのサンセットビーチにテントを張ってよくソイ釣りに来たものだった。だが、これから寒くなると釣り人が狙うのはオオマイ(コマイの大型)で、好ポイントとしては西防波堤(外防)の内海側中間部と先端部、またはフェリー岸壁とその岸壁からわずかに出ている中防の先端が相変わらず人気を呼んでいる。
 数年前の10月に仲間のTさんとオオマイ釣りに来たときは、18時から22時までに西防の先で中型コマイばかりが超入れ食い。めざすオオマイはいないのか?と諦めかけていた頃、いきなりジャジャ~ンと2人の竿に同時にアタリ!何と、上がって来たのはそれぞれ45、47センチの丸々太ったオオマイだった。餌はイソメやサンマ、白貝などを使用した。