「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年2月号 

カジカやホッケと共に、冬の釣魚といえばコマイであろう。コマイはタラ目タラ科の魚。地方によってはカンカイ、オオマイ(大型のもの)、ゴタッペ(小型)などと呼ぶ。 漢字にするとコマイは「氷魚」または「氷下魚」だし、カンカイは「寒海」と書く。もちろん当て字だが、文字を見ただけでもシバレの強い北国の海の響きが伝わってくる。 産卵期は厳寒の1~3月で、氷点下またはそれに近い低水温の岸近くに寄ってきて卵を産む。釣り人が狙うのはこの時期で、うまく当たれば40~50cmのオオマイも夢ではない。特に外界が荒れれば港内にも群れが入るので、岸壁からの投げでも思わぬ大釣りをすることがある。
 札幌圏のコマイ釣り場といえば石狩・小樽だが、多少遠出をしても当たり外れのないのが日高海岸。ザッと漁港を挙げても富浜、門別、厚賀、節婦、静内、東静内…と続く。が、冬場の釣りはやはり車の中から当たりの見れるところがいい。そんな希(ねが")いに応えるのが門別漁港の北防波堤(内防)だ。
 胸壁越しの投げにはなるが、防波堤の中間部から先端舟道にかけての外海側を狙う。港周辺には根原もほどほどに点在しており、オオマイ混じりで時にはカジカやアブラコ、カレイも釣れる。鈎(はり)はカレイ13号程度、餌のイソメも小さく付けた方が食いがいい。
 コマイ釣りはどちらかと言えば夜の釣り。がっちり賄って万全の態勢を。釣ってる本人がカンカイになってしまっては洒落にもならぬから…。