「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月号 

 そろそろ寿都、島牧方面の磯が騒がしくなってきた。釣り人がターゲット(標的)にするのは35~40センチの腹もパンパンの抱卵ボッケ。昨年は11月後半頃から釣れ出したので、うかうかすると今季も一気に岸寄りし爆釣モードに突入するから道南・日本海からは目が離されない。釣り方は投げ、ウキ、ルアーと人さまざまだが、数を釣るならやはりウキ。コマセを撒いてうまく群れを寄せると、初心者でもクーラー釣りが出来るのだからホッケの人気は年々高まるばかりだ。
 寿都町弁慶岬は、元もとホッケの早釣り場として知られる。地名は弁慶伝説にも結びついたアイヌ語「ペルケイ」(裂けた所)。期待できるのは政泊漁港の左右平盤だ。漁港の右平盤は裂け目がホッケのよく溜まる場所。が、風が出ると岩場一帯が波曝しとなるので荷物の置き方に注意が必要。また、漁港左側平盤の左切れ込みもウキ釣りには定評がある。釣り場も広く、昨年は岩場の中間部あたりが良く釣れた。ここは水面からの高さはないが、波には意外と強いので安心した釣りが楽しめる。ただし岩場の先から奥まっているため、最初にコマセを多めに撒かないとホッケは寄りづらい。
 同平盤の右切れ込みは、歩く距離は長いが左に入れぬときの逃げ込み場。釣果は若干落ちるが混み合わないので釣りやすい。何れにしてもホッケはポピュラーな釣り、一旦岸寄りすると大漁に繋がるのでつい病みつきになる。餌は沖アミや秋刀魚の身エサなど。