「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年10月号 

 「お~い、マス釣りに行くどー!」とテレホン。モッちゃんからだ。「なにぃ、マスゥ?」マスと聞いて電話の前で大笑いした。実は我々、つい先日知床から帰って来たばかりである。狙いはもちろんカラフトマスだったが、釣って来たのは30センチばかりのカジカ1匹と渓流で手にした20センチ前後のオショロコマをチョッピリ。ところが、すっかり知床の釣りに魅せられた我々、それにもめげず話はトントンと弾んで「よーし、今度はサケ釣りだぁ!」。
 9月ともなればカラフトマスはそろそろ終焉を迎え、オホーツク海側では秋サケ釣り本番となる。折しも知布泊漁港(斜里町)に大量のサケの群れが入ったとの情報。それを見逃す筈はない。さっそく車を飛ばして現地入りをした。一昨年9月初めのことだった。この日は夜明けだけでも75センチ以下3匹の銀ぴかサケをゲットした。
 帰り道、めぼしい海岸を下見した。干潮なのかコンブがあちこちに顔を出して揺れている。そのとき突然目の前で大きなサケがジャンプした。よくよく見ると、昆布と思ったのは群れているサケの背ビレであった。「近くに川もないのに?」と不思議に思ったが、川まで行けぬまま産卵に入ったらしい。サァそれからが大変!投げては釣る、投げては釣るの入れ食いで、わずか3時間程で私が16匹、モッちゃんが7匹という思わぬ大漁に恵まれた。さほど当てにもしなかったサケ釣りだったが、最後は「やったぜぃ~!」で華やかにドラマは終わった。