「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > アフター5ススキノ

AFTER 5 SUSUKINO 2017年8月号

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月13日新生スタート。 極上のひと時を貴方に
クラブ くらぶ 光

 ススキノで20年。勇名を馳せたクラブ、「サロンいとう」が生まれ変わり、7月13日に「くらぶ光(ひかり)」としてオープンした。

 ラウンジ「遥」、バー「希」などを展開するモンデールとタッグで新生スタートしたもので、アルトビルの3階ワンフロアを贅沢に使った店内は装いを全て一新。中央の大型ワインセラーや道内初のセラミックスクリーンを配したエントランス、ブラックウォールナット一枚板のカウンター、最大20人収容のVIPルームが3部屋など、極上の設えで迎えてくれる。

 おなじみ、伊藤光恵ママをはじめ女性は20~30代が中心の粒ぞろい。幅広い年代の殿方に対応し、貴方を極上のひと時に誘ってくれることだろう。

 営業時間は、午後7時30分から午前1時。日・祝定休。

■中央区南5西4アルトビル3階 TEL011・518・6788  

ステーキ、焼きハマグリ付きの3700円コース
創作料理 豊平館厨房 ダイニング桑名

〝うまいステーキとハマグリの店〟として評判の「豊平館厨房 ダイニング桑名」。

 上質な肉、旬の素材を使うため、コースは飲み放題付き5500円から。「この内容なら安い」と常連は口を揃えるが、初めての客からは「もう少し安いコースはないか」「宴会予算の4000円にしてほしい」という要望もあった。

 そんな声に応えるべく、新たなコースが誕生。料金は飲み放題付き3700円。

「3900円のサンキューコースにする予定が気付けば3700円に。採算ギリギリですので税別でお願いします」と店長は苦笑い。

 実際に食べてもらい。ファンを増やすのが狙いのため、一切の手抜きはない。「道産牛昆布出汁熟成ヒレステーキ」「焼きはまぐり」をレギュラーに全7品の月替わりコースとなっている。

「4人以上、3日前までのご予約限定です。雨の日はハマグリのお吸い物をサービスします」と店長。雨でも喜んで足を運べる。

■中央区南3西4石原ビル地下1階 TEL011・232・2345  

美人店長が切り盛りする隠れ家居酒屋
海鮮居酒屋  うおっと

 海鮮や焼き鳥など道産食材にこだわったメニューをリーズナブルな価格で提供する「北海道驚キ海鮮居酒屋うおっと」。

 狸小路に近いビルの地下にあり、隠れ家のような雰囲気が漂う店内は小上がりやイス席、個室など全160席。仕事帰りに気軽に立ち寄れ、接待などにも推奨。

 人気メニューは刺身3点盛り(780円)。道外客に好評の甘えびつかみどり(800円)は、食べ終わった後に頭を唐揚げにして提供してくれる。

 またドリンクもリーズナブルでサッポロクラシックが1杯380円から。11種の地酒を含んだ飲み放題は120分1580円。

 宴会コースは3500円(8品・120分飲み放題付き)から。

 4月に就任したばかりの齊藤絵梨香店長は「『財界さっぽろ見た』で、お好きな日本酒1杯をサービスします。ご来店ください」と初々しくPR。

 営業時間は午後5時から午前1時。不定休。

■中央区南2西5サンワード南2西5ビル地下1階 TEL011・522・7794  

池波正太郎も愛したホットケーキの味を再現
カフェ 札幌ほっとけーき倶楽部

 日本のホットケーキ発祥の店とされる東京・神田の「万惣フルーツパーラー」。作家・池波正太郎も愛したといわれるが数年前に惜しまれつつ閉店した。現在は千葉県などに店舗を持つ「ほっとけーき倶楽部」にレシピが受け継がれている。

 6月1日にオープンした「札幌ほっとけーき倶楽部寺カフェはなれ」はこの味を札幌で再現した。同店のホットケーキは香ばしく、しっとりとした懐かしい味わいが特徴だ。千葉の本店から生地を取り寄せ、ソースはもちろん、調理器具や提供するお皿に至るまでこだわった。

 メニューはプレーンホットケーキが680円。追加500円でフルーツなどをトッピングできる。

 営業時間は午前11時から午後5時(土日は午後8時)まで。月曜定休。

■中央区双子山1丁目10ー14(地蔵寺第2駐車場内) TEL011・206・0870  

「夏のスペシャルディナー」を開催中
ステーキ ステーキハウス・ハマ札幌店

 ステーキハウス・ハマ札幌店では、8月31日までの期間限定で「夏のスペシャルディナー」を開催している。

 メニューは、厳選した和牛はもちろん、旬の夏野菜と魚介をたっぷり堪能できる贅沢な内容となっており料金は1万1000円(税・サ別、全9品)。

 メーンの肉料理では、黒毛和牛のロースステーキ(150グラム)かテンダーロインステーキ(130グラム)を選択することができる。

 また、肉料理ではなく魚介類にも変更できるので気軽に申しつけたい。

「当店の伝統であるおもてなしの心で、みなさまのお越しをお待ちしております」とは同店の武市靖宏店長。

 この機会に接待や家族、友人など、大切な人と豪華な鉄板焼きディナーはいかがだろう。

 営業時間は、ランチタイムが午前11時30分から午後2時、デイナータイムが午後5時から同11時(土日は午後10時)まで。年中無休。

■中央区南4西3ニュー北星ビル3階 TEL011・233・1616  

御神輿に花魁、飲食屋台で盛り上がる「すすきの祭り」
すすきの観光協会

 ススキノの夏の最大イベントとしておこなわれている「すすきの祭り」。53回目となる今回は、8月3日(木)から5日(土)まで、札幌駅前通りと南5条の交差点を中心に開催される。

 期間中は道内最大の京風神輿「こんこん神輿」をはじめ、「太鼓演舞」や「花魁道中」「すすきの囃子」「寿獅子」などの伝統的な催しを開催。また、複数のチームが参加する「YOSAKOIソーラン踊り」やススキノで活躍中のプロミュージシャンによる「すすきのライブステージ」などもおこなわれる。

 特に花魁道中は、札幌っ子も注目するススキノならではの人気イベント。華やかな花魁が練り歩く姿は祭りを大いに盛り上げる。 

 また、毎晩歩行者天国となる沿道では、焼き鳥やおでんなどの屋台約100軒が並ぶ予定だ。

 詳しくは、一般社団法人すすきの観光協会「第53回すすきの祭り実行委員会」まで。

■ TEL011・518・2005 http://www.susukino-ta.jp/