「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > アフター5ススキノ

AFTER 5 SUSUKINO 2017年7月号

このエントリーをはてなブックマークに追加


毎年好評の「ウニスパ」が今年も登場!
イタリアン ミア・アンジェラIKEUCHI

 本格イタリアンを楽しめる「ミア・アンジェラ IKEUCHI」。今年も毎年好評の「北海道産ウニの冷製スパゲティ」が登場し、人気を集めている。

 厳選した北海道産の塩水ウニを使用し、ウニ本来の甘みととろけるような食感、磯の香りを堪能できる逸品。白ワインとの相性も抜群だ。

 ランチタイムは、週替わりの6種のパスタから1品セレクトし、前菜やドリンクバー、デザートなどのビュッフェがついて1人1490円(ウニスパはプラス756円)となっている。

 営業時間はランチタイムが午前11時から午後4時まで。ディナーが午後5時から同11時まで(土・日・祝は午前11時から午後11時)。

■中央区南1西2IKEUCHIGATE地下1階 TEL011・261・3655  

イタリアンや牛ロースステーキが食べ放題
ホテル 札幌パークホテル

 札幌パークホテルのテラスレストラン「ピアレ」の、テーブルオーダーバイキングが好評だ。期間は6月30日まで。

 同店を代表する「ボンゴレビアンコ」や「トマト・パッツァ」などのイタリアンのほか「蛤の白ワイン蒸し」「バーニャカウダ」「カルボナーラ」「ミニオムライス」「和牛ハンバーグ」など30品以上のメニューが食べ放題となる。

 オススメは「牛ロースステーキ」で、焼きたてが思う存分食べられる。またソフトドリンクやコーヒー、紅茶などもついている。

 価格は120分大人3980円(65歳以上は2980円)、子ども2480円、小学生未満は無料。

 営業時間は午後5時から同9時(最終入店は同6時30分)。

■中央区南10西3 TEL011・511・3136  

フランスの郷土料理を気軽に楽しめる
ビストロ ル・コントラ

 3月30日にオープンした「ル・コントラ」は、札幌市内の有名フレンチレストランで勤務したシェフが仔羊のローストや、ライチョウ、山ウズラ、鹿肉のジビエといった伝統的なフランスの郷土料理を提供している。

「フランス料理は量が少ない」「料金が高い」と感じている人でも気軽に食べられるように、男性でも満足できるボリューム感と、他店より2~3割ほど安い手頃な価格が特徴だ。

 ソムリエが選りすぐったワインも比較的リーズナブルな価格で販売。フルボトルは3000円から1万円台前半。グラスワインは580円から。グラスシャンパーニュは850円、シャンパン飲み放題は90分3000円となっている。

 営業時間は午後4時から午前0時(ラストオーダーは30分前)月曜定休。

■中央区北1西24MYプラザ円山公園1階 TEL011・688・5446  

白老産「あべ牛」の専門店がリニューアル
吟撰あべ牛 シャトー・イクス

 白老産のブランド牛で「あべ牛」の専門店「シャトー・イクス」がF45ビルからすすきのビル6階に移転リニューアルした。

 あべ牛の肉質は細胞一つひとつのきめが細かく、なめらかで深い旨みが特徴。

北海道洞爺湖サミットでも提供され、各国のVIPの舌をうならせた。

 同店ではこのあべ牛をリブロース一夜干し、かいのみ、シャトーブリアンなどで提供している。

 コースはこの3種が入った食べ比べコース(8000円)がオススメ。

 新店舗は個室中心の30席で、豪華な内装のロイヤルルームも新たに備えた。接待にも使いやすい。

「同フロアには系列の居酒屋『北海道ICHIBA』もリニューアルしましたので合わせてご利用下さい」と担当者。

 営業時間は午後5時から同11時。年中無休。

■中央区南4西3すすきのビル6階 TEL011・520・7771  

予約もできるテレビ塔ビアガーデンが開業
ジンギスカン サッポロクラシックビアガーデン

 サッポロクラシックビアガーデンが5月25日、さっぽろテレビ塔(中央区大通西1)1階に開業した。大通公園エリアのビアガーデンではめずらしく席の予約ができるため、毎年人気となっている。

 看板メニューはジンギスカンの食べ放題(100分・4500円)で、ジンギスカンのほかライス、野菜、生ビールなどもおかわり自由。

 単品メニューでは、限定商品の「サッポロクラシック夏の爽快」をジョッキ(700円)で提供するほか、ラムザンギ、鶏ザンギ、タコザンギのザンギ3兄弟、山わさびジンギスカンなども販売される。

 営業時間は正午から午後10時(9月1日まで無休)。予約はお電話で。

■ TEL011・252・1800  

道産食材を使った上質な中国料理を堪能
中国料理 月下翁

 4月25日にオープンした「月下翁」。カジュアルな雰囲気の店内でワインと、自社農場の野菜や道産食材を数多く使った上質な中国料理を堪能できる。

 メニューは、道産豚の黒酢豚(1800円)、天然エビのチリソース(2100円)、麻婆豆腐(1500円)、炒飯(1200円)、担々麺(1200円)など。季節の食材を使ったアラカルトも用意している。

 ワインのほか日本酒、紹興酒、台湾直輸入の中国茶なども取りそろえた。

 コースは6品4800円から。オススメは1万5000円のスッポンフルコース(3日前まで要予約)。コースには2000円で飲み放題が付けられる

 営業時間は午後6時から午前0時(金土は午前1時)。日曜定休(祝日の場合は月曜)。

■中央区南3西3Gダイニング札幌地下1階 TEL011・215・1017